いつもありがとうございます。ヒポです( ^ω^ )


孤独死回避のために婚活アプリに登録して、容姿端麗な米国人とデートして精神を病んだ話です。


◇ ヒポのスペック
・30代後半
・容姿レベル : 下の下 (謙遜無し)
・生活保護受給者
・自己紹介の内容
生活保護受給者なので、デートは基本的に安いところで且つ割り勘。
恋愛マニュアルを屈指して恋の駆け引きをするような人は大嫌いでありお断りしてる。真面目でシンプルな、駆け引きのない恋愛関係を求む。

上記の内容を英語と日本語で書いた。
(外国人も多く登録してるため)


アメキンさんのスペック
・20代前半
・容姿端麗
・学生
・米国人 (白人、金髪)
・アニメ・マンガオタク

コスプレするぐらい日本のアニメとマンガが大好き。お菓子作りとお絵かきも好きという事があとで判明した。

※ 身バレ防止とプライバシーのため、性別は明かしません。どっちがどっちなのか、ご想像におまかせします。多少のフェイクも入れてます。創作無しです。


★これまでの話
アメキンさんからイイねを貰った
アメキンさんからイイねを貰って疑心暗鬼
アメキンさんのプロフィールを改めて確認
アメキンさんをランチに誘う
いざアメキンさんとデート
アメキンさんの印象




アメキンさんはプロフィールに好きなアニメやマンガを具体的に書いてたので、会う前に暗記できるだけ暗記した。

そして、会話に困った時にそれらを振ってみようと思った。

ちなみに、私はアニメもマンガにまったく興味がなくとても疎いけど、会話に困った時にいつも使う「5W1H」でなんとかこの場を乗り切ろうと思った。

「5W1H」
who(誰)
where(どこ)
what(何)
when(いつ)
why(何故)
how(どのように)

早速話を振ってみた。


ピポ
アメキンさんは (アニメ名) が好きなんだよね?

ここでアメキンさんの雰囲気がちょっとだけ変わった… 気がした…


アメキンさん
そう。


ヒポ
どういうストーリーなの? (what)


ここでアメキンさんの雰囲気がガラッと変わって、アニメの話を始めた…

マシンガントークだった…

ちょっと驚く自分… 

…とともに何か悟った… 気がする…


アメキンさんは…もしかしたら…「感じが悪い」のではなく、私と同じく、ただのコミュ症なんじゃないか…?米国人のコミュ症は初めて見るけど…

あのルックスでコミュ症かぁ… めちゃめちゃ親近感湧くなぁ…(*´Д`*)

と同時にちょっと切なくなった…

アメキンさんはあのルックスでコミュ症だからきっと感じ悪い・見下されたっていつも受け手に誤解されて散々苦労したんだろうな… しかも米国だとフレンドリーが基本だし… 私みたいな普通のコミュ症とまた違った苦労をいろいろして来たんだろうなぁ… そう思うとちょっと胸が抉られそうになった… コミュ症の辛さは私も痛いほどよく分かるから…

そこからは、落ち着いて、アメキンさんと「会話」が出来るようになった…

ま、会話と言っても、私がアメキンさんの好きなアニメやマンガの話を振って、それについてアメキンさんがマシンガントークするって感じだったけど。

アニメかマンガ名を振って
・どういうストーリーなの? (what)
・なんで好きなの?(why)
・どこで知ったの?(where)
・誰かと一緒に見たり読んだりしてる?好きなキャラは?(who)
・どうやって見てる/読んでるの?(how)

こんな感じてなんとか会話を続ける事が出来た。


アニメマンガに全く興味ないからアメキンさんのマシンガントークにはついて行けず、ほとんど右から左へ(失礼笑)

一応、ポイントポイント相槌したり、大事そうな(あとで質問に使えそうな)キーワードだけピックアップして聞いてた…

興味ない話の時にいつも使う手法だ。

でもアメキンさんも私が聞いてるかどうかあまり気にしてなさそうだったからいいかなと思った。私に説明して分かって貰おうというよりか、自分で話して自分で気持ち良くなってる感じ笑

私はというと、アメキンさんにただひたすら見惚れてた。アメキンさんは本当に美しく… まるでアメドラのワンシーンを見てるような感覚だった… 

あるいは、さえずる美しい鳥をバードウォッチングしてる気分かな…?バードウォッチングが趣味なので、それこそ何時間でも余裕で観察できる笑笑

まさかここでバードウォッチングの趣味が役に立つとは思わなかったけど笑

そんなわけで…

アメキンさんはアメキンさんで好きなアニメマンガの話が出来て楽しそうだし、私も私で美しいものが見れて楽しい…

別々の世界にいるけど、楽しい空間を共有してる… なんとも不思議で心地の良い時間だった…


ま、欲を言えばもっと個人的な話もしたかったけど、なんとなくまだそういう距離感じゃない気がして… やめた… 会話出来ただけでもありがたい…



(余談)
ボキャブラリー増やしたいなぁ…
この時に感じた事の半分も伝えられてないと思う… こういう時、文才がある人が本当に羨ましいなと思う…



次回に続く…



すみません。長くなるので何回に分けます。



関連話を見る? |∀・)+



★9月11日のランキング - 3位
FullSizeRender




○●○●○●○●○●○●○●○●○ 

2つのランキングに登録してます♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

両方ポチ☆お願いします。\\٩( 'ω' )و //

○●○●○●○●○●○●○●○●○